--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:あすか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/01
Sat
 Title:もしこうだったら・・・
author:あすか
11.jpg
種デス感想長かったので、こっちに妄想感想いきます!笑
最後のギルvsキラのシーンにて・・・↓(妄想なんで反転/笑)


あのシーンでキラはギルに拳銃を向けることはなく、話をしようとギルのところへやっていく。
しかしギルはキラに銃口を向けてしまう。
キラの必死の言葉にも耳を貸さず、キラに向けて引き金を引く。
パァン!!!
拳銃の音が響く。
しかし打たれたのはキラではなかった。
打たれそうになったキラをとっさにレイが庇い、そして今キラの腕の中でぐったりとしている。
「なんで・・なんでこんな・・・っ!!」
涙ぐむキラにレイはうっすらと微笑む。
「お・・まえ・・はあした・・を・・・ごほっ」
「・・・・っ」
もうしゃべらないでっと、ぎゅっとレイを握り締めた瞬間、パァン!と二度目の銃声が鳴り響く。
あわてて顔を上げたキラの目に映ったものは、崩れゆくギルの姿であった。
「タ・・リア・・・君か・・・」
「ええ・・きちゃったわ。ほんとあなたってば私がいないとだめなんだもの・・」
そう言ってギルの元へ歩み寄る。
「でもよかったよ、君にあえ・・て」
「ふふ・・しょうのない人ね」
そう言って手を取り合い微笑みあう二人。
「な・・んで・・・」
困惑するキラに
「私はこの人と一緒に・・・あなたは行きなさい。そして艦長によろしく・・と」
「そんな・・っ」
みんなを、自分を庇って倒れているレイを置いては行けないと言うキラに、行きなさいっ!とタリアが叱咤した瞬間、キラの手をぐいっとひっぱる者が。
「ア・・アスランッ」
「行くぞキラッ」
強引にキラを引っ張り、そして扉の前で敬礼。
そんなアスランにタリアは微笑み、崩れ行く建物の中敬礼をし返すのだった。



・・・同人かこれは!!!!!爆
はいすんませんーこんなふうになるはずじゃなかったんだけどなぁ・・あれぇ???
まぁこんな感じでレイキラもアスキラもシンキラも好きですーってことで!(は?)
ほんと苦手or嫌いな方は申し訳ありませんでした!!!
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。